緊急事態宣言で歯科医院の受診をご検討の方へ
感染対策についてのお知らせ

新着情報

HOME新着情報ブログ本日のテーマ【歯の欠損による口腔機能低下とその影響】

新着情報

2021/4/19ブログ

本日のテーマ【歯の欠損による口腔機能低下とその影響】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歯の欠損による口腔機能低下

8020運動で、多くの歯を保つ高齢者が増加し

80歳において20歯以上の歯を有する割合は約5割に達していると言われています。

一方で、歯の喪失は50歳代より始まっているのも事実で、

その原因の一つは歯周病によるものと考えられます。

在宅療養中の高齢者(716名、平均年齢83.2歳)の75%が

天然歯による咬合支持を失っており、

そのうち1/3が義歯によっても回復されることなく

咬合支持が崩壊した状態でした。

咬合支持が維持されていなければ、食事摂取が困難になることが容易に想像でき、

咬合支持が維持されえている方にくらべ、咬合支持の崩壊した方の低栄養リスクが有意に高く示されました。

さらに、食物の窒息事故の問題も深刻です。

窒息による死亡は不慮の事故のなかでもっとも多く、

年間5,000人を超えるといわれています、

特別養護老人ホームで行った調査では、そのリスク因子として

認知機能の低下等とともに、咬合支持の崩壊があげられました。

咬合支持維持されている方に対し、咬合支持の崩壊した方の窒息リスクは

有意に(咬合崩壊群:1.75倍)高いことが示されました。

このように、歯の欠損による咀嚼障害は低栄養、窒息の危険といった問題にも

影響をあたえることがわかります。

医療法人mirai さいわいデンタルクリニック ご予約・お問い合わせはこちら 011-375-6195

住所:北海道北広島市大曲幸町4丁目4-2
お車でのアクセス:駐車場完備(5台) 第2駐車場あり

ご予約はこちら

診察時間

休診日:日曜日・祝日

■ → 木曜日 午前9:00 ~ 13:30(受付13:00まで)
▲ → 土曜日 午前9:00 ~ 14:30(受付14:00まで)

> 詳しくはこちら